リヴァトレ「オンラインプログラム」のご紹介~利用方法、参加者の声、体験利用までの流れ~

574 views
リヴァトレ「オンラインプログラム」のご紹介~利用方法、参加者の声、体験利用までの流れ~(2)

復職や就職に向けた支援を提供するリヴァトレでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、4月上旬より在宅でご利用いただけるオンラインプログラムをご提供してきました。

「在宅でどうやって取り組むの?」「オンラインで参加するって難しくないの?」といった疑問を持たれている方も少なくないでしょう。そこで、より具体的にイメージしていただけるよう、実際に参加されている利用者さんの声を交えつつ、オンラインプログラムについてご紹介します。

どのように在宅支援を受けられるの?

リヴァトレではWEB会議システム(ZOOM®)を活用してオンラインプログラムをご提供しています。

利用者の皆さんには、パソコンやスマートフォン等からWEB会議システムにアクセスしていただきます。まずスタッフが資料を共有しながらプログラムについてご説明し、利用者さんが専用の記入用紙に書き込んだり、意見交換をしたりしながらプログラムを進行していきます。

リヴァトレ「オンラインプログラム」のご紹介~利用方法、参加者の声、体験利用までの流れ~

リヴァトレの特長の一つは、利用者さんが集団で再発予防や社会復帰準備に取り組む「グループワーク」の利点を活かすことです。そのため、オンライン上でもグループによるプログラムを実施しています。なお、体調やご自宅のネットワーク環境に応じて、カメラをOFFにし、音声だけでご参加いただくこともできます。

午前・午後ともにプログラムを予約された方の場合、基本的な一日のスケジュールは以下の通りです。

スケジュール

10時  午前プログラム開始
12時  昼休み
13時半 午後プログラム開始
15時半 終了 各々社内システム(LACICRA)を用いて日報記載

また、プログラムに加えて、適時スタッフとの個別面談の時間も設けています。

ご利用いただいている方の声

実際にリヴァトレのオンラインプログラムをご利用いただいた方の感想をいくつかご紹介します。

感想①『多彩なプログラムがあり、他の利用者さんとコミュニケーションを取ることで元気をもらえた』

リヴァトレではご自身のペースに合わせて受講プログラムを選択いただくことができます。

実際のプログラム(例)

  • 生活習慣を整えるための座談会
  • ストレスの対処法を学ぶ(例:集団認知行動療法
  • 記事を参考に内容をまとめて発表する
  • コミュニケーションの取り方を身につける(例:グループワーク、アサーション)

etc

リヴァトレで提供しているプログラムでは、他の参加者と意見交換をする機会を多く設けています。

感想②『外出自粛が強いられる中での復職予定で何かと不安だったが、在宅勤務のイメージが持てた』

リヴァトレを利用して復職・再就職された方の中にも、在宅勤務からスタートしている方がいらっしゃいます。在宅支援を通じて「パソコンの画面越しにコミュニケーションを取る」「一緒に課題解決に取り組む」といった業務に近い経験を積むことができます。

感想③『生活リズムが乱れがちだったが、予定(オンラインプログラム)があることで、朝起きられるようになった』
感想④『はじめは朝のオンラインプログラム開始5分前に起床していたが、1ヵ月経って、近所のウォーキングをしてから参加できるようになった』

リヴァトレを利用される方の多くが、ご自身のコンディションを整えるため、生活に様々な工夫を取り入れています。他の参加者と意見交換する中で、ご自身に合いそうなアイデアや工夫を見つけられる方もいらっしゃいます。

感想⑤『外出自粛になっても在宅での面談を通じてスタッフさんに悩みが相談できるので、安心して取り組める』

WEB会議システムを用いた11での面談を定期的に実施しています。悩みや不安な気持ちをスタッフに相談しながら、具体的に何ができるのか、何から始めたらよいのかを一緒に検討していきます。

体験したい皆さまへ(ご利用までの流れ)

施設やプログラムについての説明を、WEB会議システム(ZOOM®)を用いてオンラインでも実施* しています。

STEP1 申し込み

まずは、ご利用を希望されるセンター(ご自宅から実際に通所できるセンター)にWebもしくはお電話で見学・体験のお申し込みをしていただきます。

スタッフより、施設説明会の日程とWEB会議の接続URLをご案内します。

※オンラインプログラム説明会の実施日については、以下インフォメーションより各センターの開催状況をご参照ください。

https://www.liva.co.jp/category/livatra

 

STEP2 利用説明

WEB会議システムを用い、ご利用を希望されたセンターのスタッフからリヴァトレのサービスについてご説明します。復職・就労までの期間についてのご希望や、症状や再発予防についてのご相談も承ります。

 

STEP3 体験参加

実際のオンラインプログラムを体験していただきます。

「自分に合いそうか」「他の方がどのような取組みをしているのか」等を確認することができます。(センター見学をご希望の場合は、別途ご相談ください)

 

関連情報:
【利用をご検討の皆様へ】利用説明会及びプログラム体験会の開催について

さいごに

4月にオンラインプログラムを開始して以来、約6ヵ月が経過しました。初めのうちはスタッフもどのようにサービスを提供したらよいのかと試行錯誤していましたが、利用者さんのご協力もあり、今では安定してプログラムのご提供ができるようになっていると自負しています。復職や再就職に向けて悩みを抱えている方は、ぜひお気軽に体験利用をお申し込みください。

 

※現在(202010月前半)の状況と今後について

5月25日の緊急事態宣言の解除を受け、6月より通所サービスも再開しています。今後も、状況に合わせて、通所サービスとオンラインを並行したサービス提供を継続して参ります。詳細は、各センターへお問合せください。

 

関連ページ

・リヴァトレとは https://liva.co.jp/service/training/features        

・プログラム   https://liva.co.jp/service/training/program

この記事をシェアする
トップ
トップ