「オムソーリ/ハビトゥス」は
「リヴァトレ」に名称を変更しました

「オムソーリ/ハビトゥス」は
「リヴァトレ」に名称を変更しました

リヴァマガ

liva magazine

うつQ&A

2017.07.18

リワーク施設って何ですか?

うつ病は、休息や服薬によって症状が回復したとしても、社会復帰後に再発を招きやすい病気と言われています。 再発後は休職期間が長期化したり、休職と復職を繰り返すことも珍しくありません。

そのため、自宅療養と復職(あるいは再就職)の間にステップとなるトレーニングなどを受けることが大切になり、 そのための場が「リワーク施設」と呼ばれます。

リワークトレーニングの目的は?

リワーク施設で行うトレーニングの目的は、再発を予防し、スムーズな復帰への準備を行うことです。

利用者は症状が安定した段階で、心理療法やコミュニケーショントレーニングなどの専門的なプログラムに取り組みます。 リワーク施設へ継続的に通うことは、職場復帰に必要な生活リズムを整えることにつながりますし、 実際の業務をイメージしながらプログラムに参加することで、職場復帰に向けたウォーミングアップを図ることもできます。

さらに、休職・退職に至った要因や、以前の生活や働き方、考え方を振り返ることで、復帰後のストレス対処法やセルフケアの方法について学ぶこともできます。こうしたメリットは、個人での取り組みではなかなか得ることのできないものです。

うつ病特有の不安や悩みについて共感しあえる仲間や困ったときに相談できるスタッフの存在も、大きな支えになることでしょう。

リワーク施設の違いは?

現在、リワーク施設は運営機関の性格によって大きく3種類に分けられます。

① 福祉の制度で運用
② 医療の制度で運用
③ 行政で運用

運用している制度によって、利用するための手続きが異なります。

また、プログラム内容や利用期間、料金なども特色がそれぞれ異なりますので、見学や説明会へ参加するなどして、ご自身に合った施設をお選びいただくがよいと思います。

まずは主治医や治療スタッフ、地域の障害者職業センターなどに相談してみてはいかがでしょうか。

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
産経新聞
日経産業新聞
フジサンケイビジネスアイ
日経流通新聞
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
greenz.jp