リヴァマガ

liva magazine

うつQ&A

2018.01.26

傷病手当金とは?

この記事を書いた人

脊尾 大雅
秋葉原社会保険労務士事務所

社会保険労務士/精神保健福祉士
メンタルヘルス対策、ストレスチェック、アサーションと労務管理の専門家。労使双方の成長につながる研修の実施を通じて、よりよい職場環境づくりを行なっている。

仕事をしていると「業務が忙しい」「人間関係が良くない」など、様々な悩みが生じるものです。このような悩みが原因となって心身に不調をきたすと、場合によっては休職しなければならないこともあります。

「休職すると収入がなくなってしまう」という不安に駆られる方も多いと思いますが、そのような時に利用できるのが傷病手当金です。

どんな制度なの?

傷病手当金は健康保険法の制度で、次の4つの条件をすべて満たしたときに支給されます。

□ 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
□ 仕事に就くことができないこと
□ 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
□ 休業した期間について給与の支払いがないこと

(引用:全国健康保険協会

細かい要件はいろいろとあるのですが、これらに該当した場合に申請することで支給されます。

なお、「業務外」の事由による場合としていますので、仕事の出来事が多大に影響している場合は、労働者災害補償保険法(いわゆる労災)の対象になります。

そして、金額は概ね普段もらっている給料の3分の2の額です。支給は一般的な毎月もらう給料とは違い、日ごとで計算されます。支払方法や時期は会社や加入している健康保険によって違うので、休職する時には事前に確認しておくと安心だと思います。

傷病手当金の注意点

このように困った時に支えになる傷病手当金ですが、注意点があります。それは「支給期間が決まっている」ということです。

傷病手当金は最初に支給された日から1年6ヶ月しか支給されません。仮に休職期間が1年6ヶ月以上あっても、この期間が限度です。

また、この1年6ヶ月というのは、暦の上での期間になります。この間に復職をして再度休職をしても、受給開始初日から1年6ヶ月後が満了日です。

また、傷病手当金は同一事由に対しては、1回しか支給されません。例えばうつ病を発症して傷病手当金を受給した場合、再びもらえるということはありません(最初の受給日初日から1年6ヶ月以内なら受給可能)。

ただし、一旦治ってある程度の期間が過ぎた後に再度同じ病気を発症した場合は、新たな病気として支給されます。

この判断は「医学的な判断だけではなく社会通念上治癒したかどうか」という少し難しい判断になります。もし一定期間通院をしておらず、その間会社に通っていて、再度同じ病気により休職する場合は、ご自身が加入している健康保険の管轄窓口に相談することをお勧めします。

よりよい活用の仕方

傷病手当金は基本的には同じ病気で1回しか支給されないため、1ヶ月など短期の休職の場合は利用するメリットは薄いかもしれません。理由は前述した通り、期間が決まっているため、再度休職した時にもらえる期間が短くなってしまう可能性があるからです。

また、繰り返しお伝えしますが、焦って復帰して再発した場合も、復帰していた期間を含めて1年6ヶ月しか支給されません。体調を回復させるために休職したわけですから、同じ状態を繰り返さないようにきちんと療養し、リヴァトレなどを利用してよりよいコンディションでの復帰を目指していくことが大事です。繰り返し休職することは、皆さんにとってあまり望ましくありません。

休職するのも勇気とエネルギーがいることですから、せっかく休んだのであれば、中途半端な状態ではなく、心身ともに万全な状態で復帰したいもの。改めて自分らしい生き方を見つける環境づくりの一助として、傷病手当金を活用してください。

この記事の感想を聞かせてください
  • いいね! (4)
  • すごい! (0)
  • 共感! (3)
  • 参考になった (17)

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

リヴァマガ

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
毎日新聞
産経新聞
日経産業新聞
日経流通新聞
フジサンケイビジネスアイ
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経メディカル
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
オールアバウト