「オムソーリ/ハビトゥス」は
「リヴァトレ」に名称を変更しました

「オムソーリ/ハビトゥス」は
「リヴァトレ」に名称を変更しました

リヴァマガ

liva magazine

リヴァトレ体験談

< 読者の皆様へ > 「うつ・リヴァトレ体験談」には、うつを経験された方の生い立ちや、
その後のつらい経験に関する表現が含まれている場合があります。
ご自身の体験を思い出して心に負担を感じられる心配がある方は閲覧をお控えください。

2017.07.18

人との関わりが、前進する力をくれた。-30代 男性 Aさん

リヴァトレ高田馬場に通われ、職場復帰された30代男性Aさんにお話しを伺いました。

部署異動で体調不良に。
リヴァトレ体験利用で感じた希望

私はもともと何事においても「気にしすぎる傾向」があって、ストレスを抱えがちだったんです。ある時、従来とは仕事の内容がかなり異なる部署に異動することになりました。

新しい部署では、顧客や協力会社との調整やスピーディーな対応が求められましたが、十分な専門知識を持っていなかったために、どう対処していいか分からない状態に何度も陥りました。心身に疲労が蓄積した結果、土日は寝たきりになる場合が多くなり、出社後に吐き気を催すことも。やがて病院で「適応障害」と診断され、休職することになりました。

しばらく休職して最悪の状態を脱した頃、会社から復職支援サービスについて紹介されました。いろいろな施設のプログラムや口コミをインターネットで比較したところ、いちばん「良さそうだな」と思えたのがリヴァトレでした。

リヴァトレ体験利用に訪れた日は、たまたま難易度の高いプログラムが提供されていたせいで「少しハードそうだな」と思いましたね(笑)。でも、利用者同士で関わることによって「気にしすぎる傾向を改善できるかもしれない」 と感じたことを覚えています。

様々な取り組みを通じて
 “自分でハンドルを握れた”

正式にリヴァトレを利用することになり、8か月間、様々なプログラムに参加しました。中でも積極的に取り組めたのが、ファシリテーターから提示されたテーマについて意見を交わし合う「ダイアログ」です。自分の胸の内を言葉にすることで、初めて本当の気持ちに気づくこともありましたし、他の人の意見を聞いて、考えの幅が広がったりもしました。

個人個人で作業に取り組む施設も多い中、利用者同士の関わりを重視したプログラムが充実しているのは、リヴァトレの大きな魅力だと思いますね。

スタッフの皆さんは「私たちを使い倒してなんぼ」と言ってくれていたので、とても心強く、毎日何らかの相談をしていました。内向的で人と関わるのが苦手だった気質が少しずつ変化してきたのも、そうしたやりとりが影響しているはずです。いつもとは違う行動にチャレンジしてみる「行動実験」という考え方を学べたことも、大きな成果。自分を車に例えると「ようやく自分でハンドルを握れた」という感覚です。

穏やかな日常生活で幸せを実感
職場では自分に合った働き方へ

リヴァトレの利用中は「リラックスして過ごせるようになること」を目標としていました。一連のプログラムを修了した現在は、朝起きた時の不安感が薄れてきましたし、娘を小学校へ送り迎えする際も何気ない幸せを実感できるようになっています。ずいぶんと自然体で生活できているのではないでしょうか。妻も「いまのあなたなら大丈夫だと思う」と言ってくれているんです。

最近はリヴァトレで出会った仲間と一緒に「都電の旅」に出かけたりしているのですが、自分が連絡係を担当しています。これは以前なら考えられないことです。もちろん、無事に復職も果たせました。

リヴァトレでの経験を生かし、人と関わることを意識しながら、自分に合った働き方を実践していきたいと思います。

 

この記事を書いた人

野村 京平
株式会社あどアシスト
コピーライター

1977年三重県生まれ。銀行→広告会社→うつ(リヴァトレ利用)→広告制作会社(現在)。消費者のためになった広告コンクール、新聞広告賞、宣伝会議賞等を受賞。一児の父。

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
産経新聞
日経産業新聞
フジサンケイビジネスアイ
日経流通新聞
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
greenz.jp