リヴァマガ

liva magazine

リヴァブログ

2019.08.06

今年のテーマは「大運動会」!全社員イベント「リヴァノワ2019」を実施しました。

こんにちは!リヴァトレ事業部の大竹です。

2019年6月28日(金)、毎年恒例の全社員イベント「リヴァノワ」を開催しました。

今年のテーマは「大運動会 ~ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために ~」。

さて、具体的にはどんなことを行ったのか…その模様をレポートします!

What’s リヴァノワ?

40名ほどのスタッフが一同に集結し、丸一日を使って行うリヴァノワ。その主な目的は「社員同士の一体感の醸成」です。

社名に「一体感」の象徴である「輪や和=ワ」を組み合わせ、「リヴァノワ」と名付けています!

リヴァノワ2019で目指したこと

今年の運営のメンバーはこの4名。(左から、大竹、渡邉、菅野、石山)

運営メンバーによるキックオフMTGでは「拠点の垣根を越えた一体感はどのように作れるのか」を話し合いました。

ここ数年、リヴァでは事業が多角化し、スタッフ数も増加し続けています。その一方で、全社員で集まる機会は減少していたため、「このままでは一体感が低下してしまうのでは…」という懸念がありました。

そこで、今年は「事業部・拠点の垣根を超えた交流」「お互いの理解」「リフレッシュ」を目指して、みんなが全力で楽しめる「運動会」を実施することに決めました!

コンテンツを考える上で大切にしたのは「運動が得意な人もそうでない人も楽しめること」です。そして「お互いの苦手をカバーし合える仕掛けを作りたい」と思い、各競技に必ず「作戦タイム」という対話の時間を設けました。

まずは準備!

ゼッケンを作成している渡邉。たくさんの手作りが詰まったイベントです!

準備段階から一体感を醸成するべく、「準備体操」「アイスブレイク」「振り返り」についてはサポートスタッフを募りました。

その結果、多くのスタッフが続々と手を挙げてくれて、運営メンバー一同は感激しました!

いよいよ迎えた当日

余裕のあるスケジュールを組んでいたはずの運営メンバーも、やはり当日はバタバタ・・・。

早く到着したスタッフたちが「何か手伝おうか?」と積極的にサポートしてくれたことで、開始までの時間を焦ることなく過ごせました。

談笑しながら体育館に飾る装飾を作ってくれたスタッフたち!みんな、笑顔です!

アイスブレイク

まずは、緊張をほぐし、コミュニケーションを取りやすい雰囲気を作るためのアイスブレイクからスタート!

「出身地」や「学生時代の部活動」、「趣味」といったテーマに沿って、共通点を探しながらグループを作り、お互いのことを深堀していくのですが、普段一緒に働いているスタッフでも、 意外な一面を知ることができました。

また、初対面のスタッフ同士も、アイスブレイクをキッカケにぐっと距離を縮められたようです!

午前の部:玉入れ

1つ目の競技は玉入れ。ですが、皆さんがよく知っている玉入れとは違います!ふつうに立てたカゴとは別に得点が2倍になる背負いカゴや、玉を入れさせないように防御できるストッパーも用意しました。

いざ始まると、みんな童心に返り、本気・・(笑)!応援も白熱しました!

あまりの勢いに、背負いカゴの紐が外れるという愉快なアクシデントも発生し、1回戦を終えた時点でみんなクタクタに。「作戦会議」の後で、2回戦を行ったことで、チームに一体感が増し、さらに盛り上がりました。

必死に逃げる!

作戦会議中!

休憩中の談笑

午後の部①:ゾンビから逃げろ!

ゾンビになりきるスタッフたち!予想以上に怖かった!

午後の部、最初の競技は「ゾンビ」というオリジナルのゲームです。

怖い写真の通り(笑)、ゾンビ役はお面をかぶった全く前が見えない状態で人間を探し、制限時間内に全員の確保を目指します。人間役は鈴を鳴らしながら、ゾンビから逃げきれたら勝ちというゲームです。人間役がすばしっこく、ゾンビは必死に追いかけました。

本気でゾンビになりきる様子に、応援する側も大盛り上がり(笑)

午後の部②:障害物リレー

3つの区間で与えられるそれぞれのミッションをクリアしながら、バトンを繋ぎ、早くゴールしたチームの勝ちです。

1つ目の区間は、「ぐるぐるバットならぬ、ぐるぐる傘+手先の器用さが試されるミッション」を用意。

引いたカードに回数が指定されています。目が回る~

ぐるぐる目がまわった状態で「箸を使った小豆運び」や「糸通し」「かたぬき」「けん玉」にチャレンジ!苦戦してます。

2つ目の区間では「リヴァにまつわるクイズ」を出題。

答えが分からない場合は、チームに助けを求めます!

3つ目の区間では、カードに書かれた人を探し、一緒にゴールを目指します!

「二人三脚」か「3歩進んで2歩下がる」を一緒に行いながら、ゴール!!

勝利したチームは大喜び!!

午後の部③:最終競技は「大人のガチリレー」!

6人でバトンを繋ぎながら、コース3周をただただ全力で走ります!!

最終区間は偶然にも、代表伊藤VS取締役青木(足、負傷中?!)という因縁(?)の対決!絶対に負けられない戦いに声援もヒートアップ!!結果は、伊藤の勝利!

圧巻の勝利!満面の笑みです◎

これで終了・・のはずだったのですが、まさかの白組が再戦を懇願(笑)。走っていないメンバーで、もう一度リレーを行いました!

2回目は白組の勝利!お疲れ様でした!

きっと次の日は全員筋肉痛だったのではないでしょうか・・(笑)

振り返り

最後は各拠点ごとに2人ずつのペアをつくり、「リヴァノワを通じて気づいた相手や自分の意外な一面や強み」についてインタビューし合いました。

その内容を小さな紙に書き出し、配られた輪っかに貼っていくと・・・

5つの「輪」が重なりあって、オリンピックのマークになるという仕掛けでした!

さいごに

終了後のアンケートには、以下のような声が寄せられました。

「全力を出せてスッキリしました」
「普段話せない人ともゆっくりおしゃべりできた」
「純粋に楽しめました!熱くなっている仲間の横顔を見ることができて良かった!」
「皆で一つの競技を行うことで一体感を感じ、意外な一面を見ることができた」

運営メンバーとしては最初に誓った「全力で楽しもう」という言葉の通り、本当にみんなが楽しんでいる様子が見られて嬉しく思いましたし、改めて共に働く仲間の大切さを実感する一日となりました。

この記事の感想を聞かせてください
  • いいね! (20)
  • すごい! (3)
  • 共感! (3)
  • 参考になった (2)

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

リヴァマガ

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
日経産業新聞
日経流通新聞
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経メディカル
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
オールアバウト