リヴァマガ

liva magazine

リヴァブログ

2018.09.21

いつも元気で引っ張りだこ?【漫画/松浦さんの双極ライフ】

「松浦さんって、いつも元気で活動的だよね!」

双極性障害の当事者であることをオープンにするまで、私は周囲の人からそんな印象を持たれることがよくありました。

きっと軽躁状態になる度に色々なイベントに参加したり、企画を思い立っては色々な人を巻き込んだりしていたせいでしょう。

ただ、活動的なのはあくまでも軽躁状態の特徴の一つであり、症状が落ち着いてきたり、うつ状態になって気分が落ち込んだ途端、軽躁時に交わした約束が果たせなくなります

私が疾患を抱えていることを知らない周りの人たちには「心配をかけたくない」「活動できない自分を知られたくない」といった思いから、多忙を言い訳にしてお誘いを断っていました。

そのため、「松浦さんは、いつも忙しいんだな」と思われてしまい、“元気で活動的な人”というイメージが一層加速していったようです。

現在は病気について開示しているため、うつ状態になったときも自分を偽ることなく、正直に体調が悪いことを伝えられるようになりました。

病気を隠している罪悪感でうつ状態を悪化させることもなくなり、気分の回復も以前より早くなっています。

ただ、誰かれ問わず開示すれば良いとも思いません。私は開示により、心無い事を言われたこともありました。

ですので、「この人なら信頼できる」という一人の方にまずは伝え、様子を見てみるのが良いのではと思います。

また、軽躁状態になるサインに気づいた時点で予定を入れすぎないよう心がけていて、スマホのGoogleカレンダーを使い、気分の波を視覚的に管理しています。

原案:松浦秀俊
作画:のんた丸孝
監修:佐々木規夫(産業医/精神科医)

● 次回更新予定 10月 ●

この記事の感想を聞かせてください
  • いいね! (24)
  • すごい! (4)
  • 共感! (12)
  • 参考になった (4)

この記事を書いた人

松浦 秀俊
株式会社リヴァ
支援員/広報担当

精神保健福祉士/産業カウンセラー
1982年島根県生まれ。21歳の時に双極性障害を発症。20代で転職3回休職4回を経て、リヴァの社会復帰サービスを利用。後に同社へ入社し現在、勤続7年目(現職での休職0回)。 一児の父。

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

リヴァマガ

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
毎日新聞
産経新聞
日経産業新聞
日経流通新聞
フジサンケイビジネスアイ
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経メディカル
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
オールアバウト