「オムソーリ/ハビトゥス」は
「リヴァトレ」に名称を変更しました

「オムソーリ/ハビトゥス」は
「リヴァトレ」に名称を変更しました

リヴァマガ

liva magazine

代表ブログ

2016.02.23

広げよう社会復帰支援の輪2

こんにちは、リヴァの伊藤です。

先日、ある方のご紹介で
KUMIKI PROJECT 代表の桑原さんにお会いしてきました。

なぜかというと、わたくしがカフェバーのようなコミュニティ空間を創りたいと、現在その準備を進めています。どうせやるならD.I.Yでやって、多くの人を巻込んで創ってみたいと思っています。

桑原さんが手がけるKUMIKI PROJECTでは、家具や部屋を自分でつくれるキットを用いて、
自ら作る楽しみ、それによってヒトとつながる喜びなどを広げようとしています。

桑原さんは、もともと東日本大震災の震災復興で活動しており、そのなかで印象的な出来事があったそうです。

津波によって仕事を失ってしまったお父さんが、家に引きこもってしまっていました。
桑原さん達が集会所を自分達で創るべく地元の方々に声掛けをしたところ、その中にそのお父さんがいて、道具をもって参加してくれたそうです。建築技術もお持ちで、活き活きと活躍しはじめ、普段は寝てばっかりのお父さんが「すごい!」と子供達も興奮気味。
そこにお母さん達がおにぎりを持ってきて、皆で楽しそうに食べる光景が忘れられないとのこと。

そんな光景をもっと広めるべく、2013年に起業され着実に実績を積み上げられています。

リヴァでは、自分らしい生き方の実現を目指す中で、色々な生きる選択肢の体験を創っていきたいと考えています。

 

先ずは価値観を広げるキッカケづくりをいろいろと試行錯誤しておりました。田舎での宿泊体験などもその1つです。

今回、桑原さんとのお話の中で、生きる上での技術をあげていくこと、このコトもとても重要な要素であると気づかされました。

D.I.Yの技術を上げることは費用を下げることにもつながると思います。
例えば家賃の安い部屋でも自分次第でカッコよく出来る、生き方の選択肢を広げることになるんだなと。
またそういう技術を持つことが、本人の自己肯定感を高めることにもなります。

アプローチの違いはあれど、目指す社会像は近く、それぞれの強みを活かしてこれからもお互い刺激し合えたらと思いました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
産経新聞
日経産業新聞
フジサンケイビジネスアイ
日経流通新聞
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
greenz.jp