リヴァマガ

liva magazine

リヴァブログ

2018.12.18

妻の気づき【漫画/松浦さんの双極ライフ】

解説コラム

私は仕事でもプライベートでも、軽躁になる兆し(サイン)をつかんで対処することを大事にしていますが、中々自分だけでは気づきません。

漫画のケースは、私が軽躁になりつつあることを妻に気づかせてもらった時のもの。

この時は休日で、「いつもより2時間早く目覚める」「覚醒時から頭が冴え、行動したい気持ちが抑えられない」というサインが表れていましたが、自分自身そこまで自覚がなく、思ったままに行動していました。

この日、妻が指摘してくれたのが私の「口笛」。

無意識のうちに気分の高鳴りが口笛という行動に表れ、それを聞いた妻が教えてくれたことで、軽躁を自覚するに至りました。

私は普段、平日よりも早く休日に起きる事はなく口笛も滅多に吹かないことと比較して、今回の状態が私の軽躁サインになると考えています。

ポイントは、普段の自分と比較した時の差がどう表れるかですので、誰でも「口笛=軽躁サイン」ではなく、「私だったらどんな所にサインが出てるかな?」と見つけていくことが大切だと思います。

しかし、サインを自分だけで全て気づいていくのは至難の業です。

可能であれば、周りの親しい人に「気分が上がってきている時、私が普段と違うサインって何かある?」と聞いて、サインを収集していけると双極性障害の対処に活用できると思います。

原案:松浦秀俊
作画:のんた丸孝
監修:佐々木規夫(産業医/精神科医)

この記事の感想を聞かせてください
  • いいね! (30)
  • すごい! (1)
  • 共感! (3)
  • 参考になった (5)

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

リヴァマガ

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
日経産業新聞
日経流通新聞
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経メディカル
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
オールアバウト