リヴァマガ

liva magazine

リヴァブログ

2018.09.28

リヴァトレ現役利用者&OBOGの交流イベント「リヴァフェス」参加者募集!今年のコンセプトは「マルシェ」

こんにちは。リヴァトレ事業部の渡邉(ち)です。

平成最後の秋。今年も「リヴァフェス」を開催することになりました。

その概容についてご紹介します!

そもそもリヴァフェスとは?

リヴァトレ現役利用者とOBOGの皆さん、それにスタッフなど、リヴァに関わる人が集まるイベントです。

リヴァフェスが始まったきっかけはリヴァトレの利用を終えた方々から

「復帰後も繋がれるコミュニティが欲しい」
「復帰してからは他の利用者やスタッフと会う機会がなくなって寂しい」

というお声をいただいたことでした。

そこで3 年前から「明日からまた頑張ろうと思える」をコンセプトにスポーツを通じた交流やお祭りをテーマにしたイベントを企画・実施してきたのです。

リヴァトレ利用者やOBOGの皆さんの中には、様々な経験やスキルを持った方がいらっしゃいます。

そういった方同士で新たな交流が生まれれば嬉しいですし、もし、リヴァが掲げる理念に共感してくださる方がいれば、その実現に向けて力を発揮していただける可能性を共に探っていきたいと思います。

リヴァフェスは、そんな新たな出会いを生むきっかけの一つにもなると考えています。

『リヴァフェス2018』では何をする?

今年のコンセプトは・・・「ひろがるマルシェ」です!

リヴァは今年で8周年を迎えたのですが、「8」は「末広がりの八」でもありますし、「横にしたら∞(無限大)」。

実際、リヴァでは念願だった法人向けサービス「リヴァBiz」もスタートし、都内以外で初の拠点となる仙台センターの開設を予定していたりと、現在のリヴァは事業の幅もエリアも広がってる真っ最中。

そんな理由から、このコンセプトが生まれました。

品揃え豊富なマルシェのように多彩なコンテンツを用意していますので、ゆっくり話をしたり、いろいろなものに触れたりしながら、人とのつながりや、これまで知らなかったものへの興味・関心、ご自身の可能性などを広げていただければ嬉しいです!

参加を希望される方へ

このイベントにご参加いただけるのは、リヴァトレの「現役利用者」と「OBOG」および、そのご家族に限らせていただきます。

ご来場いただいた方には、今年も8周年にちなんだ記念品をプレゼント。また、軽食も用意する予定です。

ご家族での参加も大歓迎ですので、ぜひお誘いあわせの上お気軽にお越しくださいませ。

リヴァトレ(旧オムソーリ・ハビトゥス)OBOGの方

OBOG専用サイトのイベント詳細ページをご覧いただき、最下部に掲載している【参加申し込みはこちら】のフォームからお申込みください。

リヴァトレを現在利用している方

所属されているセンターのスタッフまでお声がけください。

疑問やご不明点等あればお気軽にお問合せください!

この記事の感想を聞かせてください
  • いいね! (9)
  • すごい! (7)
  • 共感! (1)
  • 参考になった (1)

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

リヴァマガ

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
毎日新聞
産経新聞
日経産業新聞
日経流通新聞
フジサンケイビジネスアイ
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経メディカル
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
オールアバウト