お知らせ 2019.03.08 | 最終更新日:2019.03.28

【リヴァトレ仙台】双極性障害の当事者スタッフ・松浦秀俊による講演&ワークショップのご案内(4/12開催)

リヴァトレ仙台では、2019年4月12日(金)14時より、リヴァトレ支援員であり双極性障害Ⅱ型の当事者、またリヴァトレの元利用者でもある松浦秀俊による「双極性障害×自分らしい働き方」をテーマとした講演&ワークショップを開催いたします。

プロフィール 松浦秀俊(まつうら ひでとし) 1982年生まれ、島根県出身、東京都在住。妻・息子との3人家族。21歳で病気を発症。20代で転職3回休職4回を経て、リヴァトレを利用。後に同社入社。現在、勤続8年目(現職での休職0回)。 プライベートでは、「双極性障害×はたらく」をテーマとする当事者会「双極トーク」を主催。精神保健福祉士。産業カウンセラー。

社外に向けても自身の体験に基づく情報発信に取り組んでいる松浦は、2018年8月から5か月間『LITALICO仕事ナビ』でコラム記事を連載させていただきました。

この記事に対して沢山の反響をいただいたため、「コラムの内容を元に、直接体験を伝える機会を」と企画したのが、今回のイベントです。

内容は、以下のような3部構成となります。

- 第1部 案内 「リワーク・就労移行とは?」といった、福祉制度やリヴァの取り組みについての説明 - 第2部 講演 「双極性障害の勤めびと 自分らしい働き方」と題した松浦の講演 - 第3部 ワークショップ 身近な“資源”を見つける「リソースマップを描いてみる」の体験 ▶ リソースとは?

このような方におすすめです

□ うつ、双極性障害などの精神疾患を患っている □ 仕事や人間関係で悩んでいる □ 就職・転職、働き続けることに不安がある □ 精神疾患を患う当事者を周りで支えている □ 何かしらの生きづらさを感じている

講演会&ワークショップの開催情報

日時

4月12日(金)14時~16時(開場:13時45分~)

会場

リヴァトレ仙台 (宮城県仙台市青葉区花京院2-1-14 花京院ビルディング2階)

アクセス

JR仙台駅:徒歩10分 地下鉄南北線勾当台公園駅:徒歩10分
◆ アクセス方法についてはこちらから

参加費

無料 

定員

20名 

お申込み・お問い合わせ先

電話またはメールよりお申込みください。 ◆ 電話 022-738-8948 (平日10~18時 ※金曜は10~13時) ◆ メール info-sendai★liva.co.jp ※「★」記号を「@」に置き換えてください。 (担当:武石・松浦) ※ 件名に「0412イベント参加」、本文に参加される方のお名前を記載ください。
◆ その他の「リヴァトレ仙台」に関するイベント情報はこちらから
この記事をシェアする