利用者の声

このページでは、リヴァトレを退所された方のアンケートを基に、
「利用を検討中の方へのメッセージ」や「利用して得たもの、利用前後で変わったこと」を記載しています。

自分だけじゃないという気持ちになった

F.Eさん
F.Eさん
同じ境遇の人の話はためになった。自分だけじゃないという気持ちになった。生活習慣のことを考えるようになって、運動したら調子が良くなった。

対処を自分なりにできる様になった

S.Aさん
S.Aさん
自分の良い状態をキープするための対処、悪い状態になったときに良い状態に戻すための対処を自分なりにできる様になったこと。

安心感を得ることができた

Y.Fさん
Y.Fさん
プログラムに参加することで、体力や思考力が徐々に休職前の状態に戻ってきていることへの実感を得ることができていたことと、他の利用者とコミュニケーションをとることで自分だけではないという安心感を得ることができたことが大きかったのだと思われる。

焦らずに過ごすということが大切

Z.Mさん
Z.Mさん
物の見方、感じ方は、皆それぞれ違うということを実践で学んだ。焦らずに過ごすということが大切。

生き辛さを感じたとき自分が楽になる方法も学びます

M.Aさん
M.Aさん
自分を知り、自分を見つめなおすことで、生き辛さを感じたとき自分が楽になる方法も学べます。せっかくの貴重な時間を使うならご自分に合ったプログラムを探したい、という方へぜひおすすめします。

復職に向けたビジネスに役立つプログラムが多かった

N.Wさん
N.Wさん
通所前は暗いイメージがありましたが、通所してみると復職に向けたビジネスに役立つプログラムが多かったので、復職のためになった。復職に向けて頑張っている人達と接することで、自分も頑張ろうと思えたこと。

しばらく忘れていた笑顔や安堵の気持ちがよみがえってきます

F.Mさん
F.Mさん
孤独な引き籠り生活から脱するために通所を始めました。初日のドアを開けた時の皆さんの明るい挨拶が忘れられません。すべてにおいて明るくやわらかいのです。そこに無理はありません。しばらく忘れていた笑顔や安堵の気持ちが通所を重ねるごとによみがえってきます。

自信がつくようになれる場所

K.Nさん
K.Nさん
どうしても自分に引け目を感じてしまうと思いますが、リヴァトレではそれをひっくるめて自分を見直し、自信がつくようになれる場所です。一歩一歩少しずつ進んでいけますので、安心してください。
  • 1
  • 2

よくあるご質問

全てのプログラムを受講しないといけないのでしょうか?

  • プログラムについて
必ず全てのプログラムを受講しないといけないわけではありません。リヴァトレでは、ご自身の目標や課題に合わせてプログラムを受講いただけます。

予約はどのようにとりますか?

  • プログラムについて
プログラム受講のご予約は、リヴァトレにて貸出しているパソコンから弊社のシステムを用いて行います。
システムの使用方法については、スタッフがフォローいたしますので、ご安心ください。
また正式利用前の体験期間中はメールや電話でのご予約も受け付けております。

欠席する際はどうしたらいいですか?

  • プログラムについて
欠席される際は、体調の確認と今後の通所状況を確認させていただくため、お電話でご連絡をお願いしています。
体調面から、電話連絡が難しい場合もあると思いますので、その場合は各センターへメールでのご連絡をお願いしています。

プログラムは何から受けていけばいいですか?

  • プログラムについて
ご自身の状態や、希望に合わせてスタッフと相談しながら、取り組みを設定します。 例えば、生活リズムが崩れている方は、まずは生活リズムを整えるためのプログラムや、運動系のプログラムに重点を置いて受講し、体調が整ってきてから心理系のプログラムや、ビジネス系のプログラムに取り組みます。

通所日はどのように決めるのでしょうか?

  • プログラムについて
リヴァトレではプログラムを曜日で固定していないため、ご希望に合わせて通所日や頻度を調整できます。通院の予定もあると思いますので、スタッフと相談しながら柔軟に一緒に検討できればと思います。

お問い合わせ
見学・体験申し込み

各センターへの見学・体験申し込みや、
リヴァトレに関してのお問合せもお待ちしております。
まずはお気軽にご相談ください。

リヴァについて

一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが私たちリヴァの仕事です。

お問い合わせはこちら

まずは気軽に相談する 見学・体験申込 お電話でのお問い合わせ

【1】会社に所属されている方

【2】会社に所属されていない方