お知らせ 2020.09.04

うつの方向けとしては仙台初! IBM発の社会貢献プログラム【SkillsBuild】をリヴァトレ仙台で導入開始

株式会社リヴァは、7月7日に発表されたIBM発の社会貢献プログラム“SkillsBuild(スキルズビルド)”の 運営パートナーに就任しました。9月1日より、SkillsBuildを活用した支援をリヴァトレ仙台(所在地:宮城県 仙台市青葉区)で先行導入します。
一人一人の自分らしい生き方・コロナ禍や東北でのニーズに応え、リヴァトレのスローガンである「戻ろう、ではなく、進もう。」を実現するためのサービスを提供していきます。

SkillsBuildとは

SkillsBuildは、プログラムの参加者が今の社会で需要の高いスキルを習得し、よりよい就労への道を拓くことを支援するIBM発の社会貢献プログラムです。各国のNPOや行政などのパートナーとともに、厳しい雇用環境や社会的な課題に直面している方の学習就労支援として、2019年にフランスIBMで始まり、現在ではイギリス、トルコ、インドなど、世界10カ国以上で提供され、移民や難民、退役軍人、若者など7000人を超える方が学んでいます。
◆参考:SkillsBuildについて(※外部サイト)

導入イメージ

グループワーク形式で行われるプログラムや、地域資源を活用したリヴァトレ仙台独自のプログラムと並行して、 個々のニーズでSkillsBuildのコンテンツが利用可能になります。これらを組み合わせることで、それぞれの自分らしい生き方へ向けて、課題・目標や環境・タイミングにあわせたより柔軟な支援を提供することが可能となります。

 

今後の展望

リヴァトレ仙台では、SkillsBuildを導入することで、社会資源が限られる東北で多くの方のニーズに応える支援を展開していきたいと考えています。コロナ禍でも、状況に応じて通所支援と在宅支援を併用しながら個々にあわせたサービスを提供してまいります。今後、リヴァトレ仙台で先行導入した結果を踏まえて、順次東京の4つのセンターへ導入を進める計画としています。
リヴァトレでは「戻ろう、ではなく、進もう。」をスローガンとして、病気になる前よりも、なった後の方が自分らしい生き方へ踏み出せている、と一人ひとりが感じられるようなサービスを創ってまいります。

この記事をシェアする

お問い合わせはこちら

まずは気軽に相談する 見学・体験申込 お電話でのお問い合わせ

【1】会社に所属されている方

【2】会社に所属されていない方