PROJECT STORY プロジェクトストーリー

初の地方進出 〜杜の都、仙台での挑戦〜

吉田 淳史

リヴァトレ事業部 リヴァトレ仙台センター長 2013年入社

プロジェクト概要

リヴァの個人向けサービス(リヴァトレ)の地方進出第一号としてリヴァトレ仙台を2019年4月に宮城県仙台市に開設しました。準備段階では、立ち上げ責任者として、予算策定、物件選定、スタッフの採用、協力機関とのネットワーク作り、プログラム構築などを行いました。現在はセンター長として、適切な福祉サービス運営は勿論、スタッフが強みを活かして仕事を行えるような心理的安全性のある職場環境の構築、企業理念やバリュー(行動規範)の浸透などを主に行っています。社内でも地方にある唯一のセンターなので、煩雑な社内調整も少なく、「迷ったらGO!!」の精神で、迅速な意思決定が出来ることが面白いと感じています。

立ち上げ経緯・想い

契機は、東京の高田馬場や御茶ノ水でリヴァトレのセンター長も担って、自分のマネジメントにも一定の自信を持ちながら、日々充実していた2018年。宮城県に住む親族の病が分かりました。宮城県内の企業への転職や起業を視野に入れ、自分の生活を含めたキャリアに悩む日々が続きました。意を決し、代表の伊藤と役員の青木への打ち明けた末、「仙台、リヴァで出そうよ」と言ってもらいプロジェクトがスタートしました。首都圏と比較して、地方都市には、メンタルヘルス上の理由により休職(リワーク)・退職した方へ向けた福祉サービスは少なく、相談に来られた方の苦悩を目の当たりにします。当事者やご家族の人生をよりよいものとすることや、地域の精神医療や産業保健のネットワークを強化していくことに使命感を持っています。

今後の展望

現在、仙台センターでは、独自の森林浴プログラムに力を入れており、隔週開催しています。仙台で縁あって採用したスタッフの専門性と将来実現したいことと、リヴァのビジョンが一致していることから、取り入れたプログラムです。将来的には、森林浴プログラムは、企業向けにも、一般向けにも出来るプログラムであり、今後も、私たちが杜の都仙台で取り組んでいく価値は高いと思っています。私としては、仙台のスタッフの夢の実現のお手伝いや、予期せぬ素敵な偶然、出会いを楽しみながら、地域における新たな自分らしく生きるインフラ作りを行っていきたいと思っています。

プロジェクトストーリー一覧