利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

F.Uさん

 利用前は、人の評価が気になっていました。誰からも嫌われたくなかったので、ミスしないように必死で頑張り、言いたいことも抑えていたと思います。見栄も張っていたのかもしれません。今は自然に、そして無理しないのがいいと思うようになりました。  プログラムは全般的によかったです。認知行動療法が自分には合っていたと思います。このスキルは実際職場に戻ってからも使えると思っております。

N.Bさん

外に出るということが、1番大きかったです。ここを利用するまでは、ご飯もほとんど食べれなかったような状態でした。また、自分を客観的に見れるようになったと思います。その中でも認知行動療法はよかったです。カウンセラーに進められて存在は知っていましたが、よく分からなかったです。職場復帰してからも使っていけそうです。

T.Iさん

得たことは沢山あります。自分で出来ること、例えば昼間図書館で過ごす、散歩して体力づくりをするなどを続けるのと、ここを利用するのは、全然違います。 まず通勤が発生する、そして沢山人がいるところで過ごす。 グループワークにおいてはチームで実戦的なことをやるなど、とても実際の実務に近い形だったと思います。体力面、精神面の両面において、非常によいリハビリになりました。 もしここに通ってなかったら、働き始めて1週間経った翌月曜日には会社に行けなかったと思います。実際ここでのトレーニングも最初1週間はかなりきつかったですね。

R.Hさん

過去3回休職していて、これまでは調子が悪くなっても時間が経てば治ると思っていました。しかし、それでは難しいことをオムソーリで学んで、よく分かりました。 悪くなる時の兆候、自分の気持ちを主観的でなく客観的に見ることを教えてもらいました。SST(ソーシャルスキルズトレーニング)もすごく実践的で良かったですね。

R.Aさん

何よりも規則正しい生活が出来たことが大きいです。ここがなければ、お昼近くまで寝てしまい、1日3食食べて生活できなかったと思います。「規則正しい生活を送る」ことを目標において生活することは、回復を早めたと思います。リヴァで、コミュニケーションをとるようになりました。うちにいたらTVを見てるだけで交流はなかったでしょう。 

S.Oさん

第一印象は、利用者の方が比較的若く、とても疾患を持っている方と思えないくらい明るいことでした。人によっ ては親子ほどの年齢差がある中で、自分のような年配者がいては迷惑ではないか?ついていけるだろうか?などと考えましたが