利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

A.Wさん

苦しんでるのが1人では無いとわかりました。利用前は1人で、行き詰まっていました。カウンセラーはプロで通り一遍のことしか言わず、オムソーリが僕の場合は打開策になりました。

M.Hさん

 時事問題や他者のプレゼン資料、他者の物事の考え方等、様々なことに興味関心を抱くようになりました。私はオムソーリに通い始めてから資格の勉強を始めましたが、資格の勉強を通じて世の中をもっと知りたいと思えるようになったのは、オムソーリにて他者との積極的な交わりがあったからだと感じております。

T.Kさん

 自分の本質の理解や、その時々のコンディションを客観視できるようになりました。  また、自分のコンディションの悪さや至らないことに対し、焦ったり悲観することをせず、ありのままを受け入れることができるようになりました。更に自分が快適に感じる環境の要素を知ることができました。

M.Tさん

 他の利用者やスタッフの方々とコミュニケーションをとることによって、多くの気づきを得ることができます。そして、自分が決して一人で病と闘っているのではないことに気づき、先に進む勇気が湧いてくると思います。

T.Tさん

 「一人で自宅療養していても症状は良くはならない。それどころか悪化の一途を辿る。同じような境遇の人と接すること、オムに来るという規則的なリズムを作ることでコミュニケーションの問題や生活リズムの問題が改善出来ます。」悩むのと考えることは全くの別物です。気力がないうちは恐らく悩んでだけです。前に進んでいません。

M.Mさん

疾病は違っても、疾病について話し合える仲間。それは普通の生活をして得られるものじゃないから一番の収穫です。そんな仲間が大好き。新しい事を始めるのは、勇気もいる。負荷もかかる。でも、一歩踏み出してみる価値はあると思います。気分や体調が落ちる事はもちろんあるし、つらい時もあります。でも、そんな時支えてくれる仲間やスタッフさんがここにはいます。

W.Cさん

 ここでは、様々な取り組みの中、自分の意思、自分のペースで、知識を学び、集団の中で、行動実験をし、成功も失敗も、その成果を振り返りながら、より実践的で自分にふさわしい、対処法を身につけていくことができたと思っています。  堂々と失敗できることで、自分らしさは、何か、見つめ直すことができましたし、失敗を認めてくれるスタッフの方、利用者メンバーの方が集まっています。

R.Yさん

 他人と比較せず自分なりの道を、「その一足が道となる」の精神で踏み出してみることで、世界の見え方が違ってくるかもしれません。まずは小さなことでもよいので行動する、そして支援を得ながら継続することが大切だと思います。