利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

T.Kさん

 自分の本質の理解や、その時々のコンディションを客観視できるようになりました。  また、自分のコンディションの悪さや至らないことに対し、焦ったり悲観することをせず、ありのままを受け入れることができるようになりました。更に自分が快適に感じる環境の要素を知ることができました。

M.Tさん

 他の利用者やスタッフの方々とコミュニケーションをとることによって、多くの気づきを得ることができます。そして、自分が決して一人で病と闘っているのではないことに気づき、先に進む勇気が湧いてくると思います。

T.Tさん

 「一人で自宅療養していても症状は良くはならない。それどころか悪化の一途を辿る。同じような境遇の人と接すること、オムに来るという規則的なリズムを作ることでコミュニケーションの問題や生活リズムの問題が改善出来ます。」悩むのと考えることは全くの別物です。気力がないうちは恐らく悩んでだけです。前に進んでいません。

M.Mさん

疾病は違っても、疾病について話し合える仲間。それは普通の生活をして得られるものじゃないから一番の収穫です。そんな仲間が大好き。新しい事を始めるのは、勇気もいる。負荷もかかる。でも、一歩踏み出してみる価値はあると思います。気分や体調が落ちる事はもちろんあるし、つらい時もあります。でも、そんな時支えてくれる仲間やスタッフさんがここにはいます。

W.Cさん

 ここでは、様々な取り組みの中、自分の意思、自分のペースで、知識を学び、集団の中で、行動実験をし、成功も失敗も、その成果を振り返りながら、より実践的で自分にふさわしい、対処法を身につけていくことができたと思っています。  堂々と失敗できることで、自分らしさは、何か、見つめ直すことができましたし、失敗を認めてくれるスタッフの方、利用者メンバーの方が集まっています。

R.Yさん

 他人と比較せず自分なりの道を、「その一足が道となる」の精神で踏み出してみることで、世界の見え方が違ってくるかもしれません。まずは小さなことでもよいので行動する、そして支援を得ながら継続することが大切だと思います。

K.Tさん

 病気になったからこそ気付けたことはたくさんあります。病気を含めた自分の特性を活かして、チャレンジしたいと思えるようになりました。これからの私にとってこれまでの経験はなくてはならない宝物です。

I.Mさん

 プログラムの中で、今までの仕事を振り返る機会を持ったことで、ストレスばかりと思っていた仕事が意外と楽しかったということに気付きました。また、コンペワークでは、自分のこれまでのキャリアとは違う経験ができ、やはり自分には向かないと気付きました。それらワークを通して選択肢を絞れたため、改めて技術職が向いていることに気付きました。 メンバー同士でリソースを発見し合うワークでは、自分の強みを再発見したり、弱点だと思っている点も、強みにできることに気付きました。