利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

J.Gさん

プログラムを通して、自分が変わったというより、いろいろな人がいることを知れて考え方の選択肢が増えました。 オムソーリとハビトゥスは、社会復帰の基礎固めと、社会で使える人材作りの場。職場では得られない経験ができる貴重な機会だととらえてください。

U.Kさん

通所以前は、ほとんど外出できず自宅にいる事が中心で、体力も著しく低下していましたが、通所することで、外出する事、電車を使っての移動などが苦でなくなりました。 全ての機会をまず受け入れ、積極的に取り組んだ8ヶ月間で得た実感としては、自ら課題意識を持ち、学び続けることの大事さです。これは今後の人生につながる、自分の「芯」になっていくものと思います。

S.Kさん

利用前は早く治さないといけないし、こんな病気になってしまいこの先の事を考えると憂鬱など罪悪感が強く、自己否定ばかりしていました。利用し他の利用者やスタッフとの交流、病気に対する理解を深めていった事により、病気になってしまったのはしょうがないので、今後病気とどう付き合って行こうかと少し前向きに考えられるようになりました。今では、調子が悪くなったときにどの様に考え、行動するべきかを意識して行動するようになっています。

C.Nさん

私は当時最年少の利用者だったので、思った以上に「人生経験が豊富な方々」が集ってらっしゃることに驚きましたが、身構えることなく、肩に力を入れることもなく、ぜひ見学・体験にいらっしゃってください。通所することで、オフィス経験のない私も、自分の言葉で考えを発信できるようになり、これまでは誰かの意見に流されて意見を発信することが多かったことに気がつきました。

O.Tさん

再発防止のためのツールを知ったこと、実践方法を得ました。 利用前は、考え方を変えるツール、ストレス軽減方法も詳細には知っておらず、環境を変える、休養するくらいしか方法がなかったため、結局のところ再発してしまいました。 しかし、オムソーリを利用することによって、以下の学べることができました。  ?自分の考え方の傾向、傾向に対する改善方法  ?ストレス軽減方法  ?視野を広げる 復帰後、様々な場面で上記を活用することにより、ただストレス軽減だけでなく、気持ちのコントロールを行う等仕事をする上で有効になると思っています。