利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

N.Iさん

一人で過ごしていると知らない間に凝り固まってしまう思考が、利用者の方と関わること、またオムソーリのプログラムを受けて客観的視点を意識することにより、少しずつ和らいでいくのを感じました。自分の変化に注意することが何より大事だと学び、少しはできるようになったと思います。

M.Lさん

どうしても元気な時の自分に戻らなくては!と、ずっと無理ばかりしていましたが、他の利用者さんの日々笑顔の多くなる姿を見ていて、いつの間にか自分も、無理せずに自然に笑っているのに気付きました。 今の自分も悪くないな。こう思えたのが最大の収穫です。

G.Nさん

現状を何とかしようと変えようと行動に移すのは、大変な力が必要だと思います。外に出て社会復帰したいなと思い始めるという状況になったら、主治医と相談して、まず思い切って体験見学から、入ってみては。一日一日を積み重ねるように利用していけば、状況は少しづつプラスの方向に向かうと考えます。

K.Kさん

一人で行動できる人間になろう。第一順位は誰かがいるかではなく、自分がやりたいかどうかだ。 自分がやりたいことをする。その後に皆がいればいいね、だ。 情熱を持ってやっていれば呼応して波長の合う人たちと出会うはず。

C.Sさん

頑張る時は頑張り、休む時は休むという心得を得た上で、就業に対する意識、面接ロープレなどをすることで、自分に多少の自信が持てるようになりました。鬱からの再就職は決して不可能ではありません。自分を活かす仕事を考えれば光は見えてきます。

T.Uさん

何も対策や対処を学ばず再就職をしていたとしたら、また同じことを繰り返していたのではないかと思います。焦って行動する前に、人生のうちで1回でも一度足を止めて自分を見つめ直してから再就職をしても良いのではないかと今は思えています。

H.Cさん

なぜ、うつ病になったのか?なぜ、再発したのか?原因は、自分の考え方の癖にあると気付いたので、それを修正するトレーニングをすることが出来ました。柔軟な考え方が出来るようになり、再び、仕事を楽しいと思えるようになりました。