利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

O.Oさん

 アサーション、PRトレーニングは苦手意識があり、ほとんど参加していません。プログラムを通して、発表することが苦手だったので、できるだけ避けてしまいました。今思えば、失敗しても皆さん見守ってくれる場所なので、積極的に行動できたら良かった、と思います。

K.Aさん

ダイアログ(対話・雑談)。物事の意味を探求するための話合いで、テーマに関していろんな角度から意味を考える拡散型の会話が行われます。その過程を通じて、自分を振り返り、互いの理解を深め、チームとしての共同思考を生み出していきます。結論を出さないのがルールだったのでそっくりそのままでは会社で使えません。ですが「考えをオープン」「固執しない」「探求する」の精神は持ち帰って広めたい。

A.Nさん

モノの考え方や、コミュニケーション能力の向上でしょうか。 客観的に自分を見てみると、意外な傾向が有ったり、モノの捉え方が偏狭であった事に気が付かされました。 あとは「落ちた時のスキル」を得られたのが、とても大事でした。永い人生の中での得難い、とても貴重な半年だったような気がします。

H.Cさん

考えのくせ、認知の自己改善ができるようになった。ネガティブ思考がなくなった。 失敗を受け入れられるようになった。失敗の中に可能性を見出せるようになった。 客観的に観察、判断できるようになった。意識できないときもコラム法(認知行動療法)をつかう。自己肯定できるようになった。小さな出来ていることを認め、スモールステップを認められるようになった

A.Tさん

調子が悪い時はこのまま主婦として、社会と大きく関わらずいきていくのもいいかな・・・と思うくらい働くこと、仕事をすることへの意欲が減退していたが、オムソーリのプラグラムを通して新しい、自分なりの社会とのかかわり方と目標を見つけることができたことは本当にうれしかった。