利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

K.Sさん

オムソーリで提供されるプログラムでは、ストレスや不安について自らのペースで具体的な対処を学ぶことができますし、また、何より体力や精神的に弱ってしまった後、外に出る機会や気力を失ってしまった後に、一定の場所に通所することで、徐々に安定的な生活リズムを戻すことや対人関係の不安が薄らぐことができるようになります。

H.Rさん

すべて効果的と感じているが、特に「UKK」「PRT」「アサーション」「課題解決プログラム」「利用進捗報告会」「ダイアログ」「課題解決プログラム」「自習」「疾病理解」「キャリアワーク」「自己分析」「CBGT」「CBGTアドバンス」「インバスケット」「生活体験プログラム」「その他各週末のプログラム」

U.Sさん

病気になってしまい、ここに来るに至った自分を認めてあげるのが先ず大事だと思います。自分自身と環境に対して色々な思いが交錯し、思い出す度に落ち込む事が多かったですが、そうした原因よりも結果として今ある自分を肯定的に認めてあげるのがスタートになるのだと思います。

O.Eさん

何よりも、会社や病名は違えども『通所者さん』という仲間がいたことが、本当に心強かったし、色々なプログラムを皆さんと経験することで、会社で勤務しているだけではわからない、色んな価値観や考え方に触れることが出来たのは財産だと思っています。