利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

C.Fさん

利用前は同様の疾病で悩んでいる方が多くいることを知識としては知っていても、実感がなかった。体調を崩した時も、周りの人に相談したり、励まされたりしたので、そういった状況の中で「悩んでいるのは自分一人ではない」と気づけたことが大きな収穫だった。

W.Sさん

障害者枠での雇用を検討していたが、クローズ一般枠で就職することに決めた。 人と話すプログラムが中心で最初は苦手意識を持つかもしれませんが、慣れれば苦手意識も薄くなります。 プログラム後に利用者さんと話していたら、学生時代の放課後を思い出しました。自分を見つめる良い機会になると思います。