利用者の声

voice

利用者の声

このページに記載されている内容は当時のものであり、
現在の運営状況と異なる場合があります。

K.Iさん

リヴァ通所前は、社会復帰や人と関わる仕事はもうできないだろうと感じていたが、自分は人が好きだな、ずっと関わり続ける仕事が良いなと思う心が戻ってきたこと。素の自分でいる時間が人前でも持てること。自分の気持ちに気付き、発言や行動に活かせるようになってきたこと。

A.Fさん

病気をしたことで自分のためになにかすることに罪悪感を感じ、 調子の波があっても収まるのを待つ対処しかできなかったが、プログラムに参加して他の利用者やスタッフさんからたくさん肯定やアドバイスをしてもらい自分の生活をふりかえり、自分を大切にする必要性を知れたことはとても大きい収穫だった。

C.Fさん

疾病には必ず注意サインがあるから、それに敏感に気づいて対処する。その対処方法を見つけておく。今までの自分の考え方に違う考え方を足して、「より生きやすい」生き方をみつける。自分も相手も大事にした交渉を目指す。